Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

ゆっくりと流れる時間

娘が小学校に上がった頃。

僕の仕事場へ帰ってくる通学路は一本道。
遠くから娘が歩いてくるのを見ていた。

道端の草花を1本1本座って見ている。
まるで時が止まっているかのように。

それに接した時に、もう取り返しがつかないくらい遠くへきた気分になった。

広告を非表示にする