読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

京都 龍旗信 白湯鶏たいたんそば

ドナルド・キーンが京都に留学生として下宿していたときのこと。 「或る晩のことです。十五夜で、それはそれはきれいな月の晩でした。私は大学からの 帰り途、その月を見上げて惚れ惚れしながら京都の町を歩いておりました。」 キーン博士は思ったのだそうだ…

京都烏丸でかけがえのないラーメンを

食べログでなかなかに読ませる印象的なレビューを書いている人の文体で書いてみました。 普段の僕の表現と全く異なるので興味深くまた面白かったです。 ここまでラーメン屋のレビューばかりを書いてきたが、ここでひとつ京都で出会ったハイレベルな店を紹介…

荒ぶる鷄

仕事場の裏にあるホームのラーメン屋にて これはひどい(笑)唐揚げめっちゃ美味しかった。ここの麺も自家製麺でなかなか。スープはダークでクリーミーな豚骨ベース。夜食のつもりだったが満腹撃沈。ごちそうさまでした。次は唐揚げ単品にするよ。意味がわか…

荒ぶる豚

昨晩は名古屋のお客様のバイクを引き取りに行き、ラーメンをご馳走になりました。 あのね、ラーメンじゃないわこれ。 じゃんじゃん焼き+豚+うどん(固め)を丼にデカ盛りしたと思っていただければイメージできるかと。 ※じゃんじゃん焼き 天草 (あまくさ) …

全ての道は四川へ続く

www.hotpepper.jp ここのお店はぜひ!マスト的に行ってみたい。 もう説明など要らない。料理の画像と店主の顔で分かる。おでこのホクロは本物の印だ。 そんなわけでおさらい。 pooteen.hateblo.jp ここ「四川」の麻婆豆腐にはハマってる。お店とオカンも好き…

深夜ラーメン

17、8年ぶりかな。豊橋の元祖深夜ラーメンに行ってきた。しょうゆラーメン 600円 ニンニク醤油味重ため。かっては一世風靡したヘビーメタルバンドが、歳をとってジャパンツアーをしているような味になっていた。 メンバーも一人足りないみたいな。 つまり焼…

ギラギラとした重たい球

豊橋 「くいば」 カウンター越しの目の前の寸胴では、豚骨スープが地獄の釜のように煮えたぎっていた。若手のスタッフが横の寸胴で茹であがった麺を湯切りしている。だが切れが甘い。先を読んだ動きも足りない。背後では店主の厳しい目が光っている。 ラーメ…

友あり遠方より来す

満点星 DODAN 塩そば 満点星の夜空に - Toujours beaucouppooteen.hateblo.jp 前回はDODANの常連さんとお邪魔して、全ての面でとても気持ちの良いお店でした。 遠方よりの大切な友人にも自信を持って紹介できるお店。友人に自慢の彼女を紹介するのに似ている…

免罪符

新規開店のラーメン屋さんに連れて行ってもらいました。 醤油ラーメン 780円 レジュメには高級厳選無添加食材が基軸になっていることがアピールされている。価格的にも特製(全部入り)に至っては1080円と、なかなか強気で高高度飛行のB29のようなアピールを…

味 リベンジ編

大将不在時のあまりの戦力低下に愕然とした前回。 <a href="http://pooteen.hateblo.jp/entry/2015/02/18/172627" data-mce-href="http://pooteen.hateblo.jp/entry/2015/02/18/172627">味 - Toujours beaucoup</a&amp…

旅ラー

来来亭 野州本店・ラーメン 690円麺固め醤油濃い目脂多めネギ多め地元の豊橋での来来亭は、まあまあの味わいだけど、ベタベタのテーブルやラフなサービスの、マイナス面をカバーできるほどの味ではない。栗東でたまたま見つけた本店に入ってみた。全然違う。…

鉄旅ラーメン部隊

鉄旅 滋賀県守山ラーメン最前線横浜家系 「秀吉家」ラーメン 中盛り(1.5玉)麺固め750円 ・脂はきつ目・麺はプリプリツルツルとした食感と、柔らかい風味の秀逸なもの・スープは濃い目のほうが、ほんのりとしたほろ苦さが感じられ麺との絡みが素晴らしい(…

ニンニク入れますか

捩り鉢巻きに星のマークの入ったTシャツのツッパリが腕を組んで見るものに睨みを効かす。 キーワードは「ニンニク入れますか」 カラーイメージは王道の赤と黄色に、ピンクの星。 そんな画像看板や店舗が市内のあちこちにあった、一時期は隆盛を極めたラーメ…

満点星の夜空に

郊外にあるカフェのようなラーメン屋さん。 気鋭の建築家がデザインしたような、空間を贅沢に使ったシックなデザインのお店。 ボーリングのレーンくらいありそうな長いカウンター越しには、きっちりとレイアウトされた清潔なオープンキッチン。 そしてやはり…

時計を止めた場所

豊橋 札木 旧東海道 「清和園」開業50年ショーケースのロウ細工のサンプルも50年経っているかもしれない。昭和歌謡にデコトラカレンダーの店内。炒飯は八代亜紀の味がした。

二郎っぽいラーメン。 大将いなかった。新店舗行ってんだろうな。 野菜の甘みがどんどんスープに溶け込んで、アインシュタインも予測不可能な味の深化が魅力だったんだけど、その日はただただ塩っ辛いだけになっていて残念。 水の中で拡散していくインクの粒…

安牌

券売機による食券制。システムやらメニューが分かりにくい。大盛りはサービスで、大盛り券も買ってカウンターへ出すといつも思い出す。 「特盛りですね」 「(あ、そーだった)…はい」 味はお店の名前の通りその通り、魚介系ラーメン。可もなく不可もなし、…

横綱の確執

浜松の帰りに数年ぶりに横綱ラーメンに寄ってみた。 あえて毒とわかりながら。つまり自分の好みではない。だけどみんな美味しそうに食べている画像をSNSに載せている。ひょっとしたらという淡い期待を胸に秘め。 「ご注文は?」 席に着くと同時に決断を迫ら…

よくある話だけど

食べログランキング上位店。 お店のロゴデザインを大きくアピールした看板に、黒を基調としたシックなインテリア。スタッフはロゴ入りTシャツに巻きタオルの定番スタイル。 ラーメンは斜めにカットした深目のオリジナル丼でうやうやしく出されてくる。北島三…

好き

四天王ラーメン醤油 九州豚骨ラーメンに近いイメージで、好みのラーメンだから盲目になる。 文句無し。このお店は美味い。 来来亭に少し似ているかな。 ただ豊橋で一二を争うガラの悪い通りにあるせいか、沈没寸前の二等客室のような騒ぎのお店。そして一人…

名店見学による社会勉強という、自己を合理化する名目でラーメンを食べに行ってきた。ここらで評判の、おそらく地域一番店との誉れ高いお店。 住宅街のどちらかというと、ひっそりとしたロケーションにそのお店はあった。キチンとした和食屋か鮨屋のような佇…