読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

ニューシネマパラダイス どこだって同じ

大好きな映画の素敵なレビューを見かけました。

私の青春*ニュー・シネマ・パラダイス【ネタバレぎみ?】 - 女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

私にとって広い視野って何だったかというと、結局はどこの国に住んでも、どんな新しい町でどんな新しいことをしようと、どこの国の人と話しても、人がたどり着くところは一緒だっていうこと。
一通りの人生の荒波に揉まれれば、同じ境地にたどりつくんだろうなって。

答え合わせをちゃんとしている!

そして僕の過去ログから

ニューシネマパラダイス - Toujours beaucoup

ニューシネマパラダイス(アルフレッドへの弔辞)

 

ニューシネマパラダイスをオマージュした創作

「かくも長き不在」(30年後のドラえもん

 

かくも長き不在 - Toujours beaucoup

 

 

ところで

兵士の話はあくまでもおとぎ話。それを現実の物差しで測って批評する人もいます。

身分が違うからうまくいくわけがない。

100日も待つ兵士は頭おかしい。仕事しろ。そんな人間と一緒になっても無理でしょ…等々

物語の世界に入れない人(戻ってこれない人もいますが)は、人生損してるなと思います。

ええやん、楽しいで。