Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

「ワレ カテリ」ジビエの戦い

ついに狩猟免許を取得した友人の罠に鹿がかかったと。

 

もし良かったら少しでいいからとおすそ分けをお願いしていたら。

 

どーん

 

f:id:pooteen:20190322182711j:image

 でかい

あの、ジビエ肉調理初めてなんですけど。

 

f:id:pooteen:20190322183325j:plain


冷凍された状態でもらいました。

キッチンペーパーでグルグル巻きにして冷蔵庫で解凍。

解凍に3日ぐらいかかってしまった。2日目に沁み出てきた血を吸い始めたキッチンペーパーを交換。

 

そして満を期して解凍された鹿肉に包丁を入れる。

 

ここで実戦の困難さを知ることになる。

 

筋膜や腱のなんと固いこと。

削いでみたり引っ張ってみたりブッ叩いたりもう大変。

できるだけ筋膜や脂身を取り除き、なんとか腿はブロック肉と細切れに。

脛部ははもう強靭な筋が何ともならず、縦に切れ込みをいれ骨付き短冊肉みたいな感じに。

 

その後、腿部のブロック肉と、その他の細切れと骨付き肉に分け牛乳にしばらく漬ける。

腿のブロック肉は後日ステーキにすることにして、小一時間後、ピンク色に染まった牛乳からバラ肉と脛部の骨付き肉を取りだす。

水洗いして塩もみしてまた水洗い。これを繰り返してキッチンペーパーで水気を吸ったあと、片栗粉をまぶして表面を軽く焼く。

 

 

f:id:pooteen:20190322182820j:image

 

一旦肉は取りだして、シチューの仕込みにかかる。

オリーブオイルにカットにんにくを入れ、にんにくに軽く色が入るまで熱したら、カットしたセロリ、ニンジン、玉ねぎをいれしばらく炒める。

 

 

f:id:pooteen:20190322182829j:image

 

赤ワインをドボドボと入れ鷹の爪を放り込みひと煮立てしたら鍋に移す。

 

ここで「なぜおまえは最初から鍋でやらなかったんだ」と呪う。

新人パイロットが良くやるミスのひとつかもしれない。鬼教官がいたらドヤされていたところだ。

 

さて、トマト缶をひと缶と空いた缶で水を一杯入れ、ひと煮立てしたら満を期して、先に焼いておいた鹿肉を入れ30分ほど煮込む。

 

f:id:pooteen:20190322182856j:image

 

 

おおお、なんとか体裁が取れてきたぞ。

 

f:id:pooteen:20190322182912j:image

 

 

 できたー

ドキドキしながらまずは鹿肉を一口。

行き当たりばったりの素人料理で、臭くで筋だらけでも文句言えねえな、と軽く諦観しながら。

f:id:pooteen:20190322183346j:plain

 

 

 オーマイゴー

 

美味いではないか!!

柔らかくとろけるようで臭みも全くない。

骨付き肉は肉感が素晴らしいではないか。

味は良く言われいるように牛肉のような味。

それも脂の乗ったとろけるような味わい。

 

なんというビギナーズラック。

 人生初のジビエ肉決戦の初陣を飾ったぞこれは。

 

これは明日のステーキ肉も楽しみだ。

 

 

舫いを放て

日曜の深夜新東名を東へひた走り、東京インターから首都高3号渋谷線に入る。

 渋谷の街を通り過ぎるとナチスの高層防空要塞のような森ビルが次第に大きく見えてくる。

C1環状線左回りに入り、霞が関トンネルを抜けると皇居のお堀沿いをしばらく走ると、大手町のオフィスビル群。

 そこからC1を離れ6号7号箱崎方面へ。

箱崎で千葉方面の7号と別れ、6号向島線三郷常磐道方面入ると高架は隅田川沿いを北上する。

 墨田川には関東大震災復興事業で架橋された意匠に富んだ重厚な橋が次々と現れる。

威厳のある橋たちと浅草はじめレトロな下町の街並み、背後に群立する高層ビル群、増殖しつつあるタワーマンション群、そしてゆったりと大きく流れる隅田川と屋形船たち。ここの桜も実に見事だ。

 ノスタルジーと時の膨張との対比が織りなす景観は、東京で一番好きで、首都高というのは僕にとって一番の東京見物だ。

 東京出身の同級生はレインボウブリッジからの鳥瞰した都市景観が一番東京らしいといった。

 駒形橋をすぎ浅草付近で右方向には、アサヒビール本社の金色の巨大なアレが見えてくる。

 ふと助手席の娘をみるとその物体を見てクスクス笑っている。

 いうなれば空飛ぶ金色の糞だ。
もちろん糞なんかではない。「聖火台の炎」であり金色の炎は「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」を表わしているそうだ。

 一昔前、レースでもてぎやSUGOそしてツクバサーキットに行く時は首都高で夜の東京の街を潜り抜けて行った。まだ押上タワーが無かったころだ。

 東名から3号渋谷線に入るころ、まだ小さかった娘がこっそりと起き出して車窓を眺めていた。

そしてアサヒビールの横を通るたびに僕は誰彼となく「おいウンコが空を飛んでいるぞ」なんて言っていた。

 こっそりと起き出して車窓から見えるダイナミックな東京の街をじっと眺めていた小さかった娘。

この子は大きくなったらここへ(東京)へくるのかもしれないなと、ぼんやりと考えていた。

それがいま現実となり、大きくなった娘は東京葛飾でアトリエを間借りして作家活動をしていくことになった。

 そしてまた同じ道のりで首都高を辿って引っ越しをしてきたのだ。

多分娘はもう帰ってこないだろうと思う。

 寂しくもあり喪失感もあるが、『トニー滝谷』のラストの「トニー滝谷は今度こそ本当のひとりぼっちになった」と同じように、然るべきポジティブな帰着であると考えたい。

 ご尽力いただいた関係者各位には深く感謝いたします。

 

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:é«å±¤ãã«ã空ãå±å¤

幸運貧乏

赤の金麦いかがですかー 

赤の金麦いかがですかー

6本お買い上げでー

あと30分ですー    


よく通るきれいなソプラノボイスが聴こえてきた。

みれば小柄でハッとするような綺麗な顔立ちの若い女性が、まるでお手本のようなきれいに背筋を伸ばした姿勢で、サントリーの「赤い金麦」の新発売キャンペーンをしている。


でも平日の夕刻の地方都市のスーパーには、ちょっとミスマッチなキャンペーンだし、ここでは売り子の彼女も少しオーバースペックのような気がする。


このような戦局ではグイグイと懐に飛び込んで行くような、歴戦の兵士が必要だ。


学校出たばかりなのに、地の果ての最前線に送り込まれた気の毒な青年将校のような彼女は、マッチ売りの少女のようでもある。


彼女の声は最前線の兵士たちには届かない。

 

よし


彼女の頑張りに一肌脱ごうじゃないか。

赤の金麦を買ってやろうじゃないか。


申し訳ないがいくら頑張っても発泡酒だから、そんなに飲みたいとは思わないが、彼女の奮闘に免じて、たまには発泡酒もいいじゃないか。


塹壕戦のように売り場を巡り、メントスを2本握りしめていた娘を探し当て、彼女の元に参じる。


キラキラの笑顔で迎えてくれた彼女は、完璧な商品説明とキャンペーン内容をプレゼンしてくれる。


6本お買い上げで引ける三角クジはもう一等と残念賞しかないという。


ヤバない?


勝てない勝負師の血が疼く。


一等は今治謹製綾織タオルだという。

残念賞はポケットウェットティッシュ


三角クジの箱を覗くともう数枚しかない。


彼女頑張ったんだな。

立派な戦果だ。


ここで一等当てなきゃ男が廃る。だが僕は勝てない勝負師だしチャンスをピンチに変える男た。


そのために娘を連れてきたのだ。

依存心とか責任転嫁ともいう。

 
果たして…


娘はワンチャン決めた。

一等引いたし。


ブラボーブラボーブラビッシモ


素直にうれしいぞ。


ここで息子がくじ運強いの思い出した。

レースイベントのジャンケン大会に優勝したり、いきなり5000円拾ったり、奇跡の受験や就職成功とか美人の彼女とか。

 

もちろん本人の頑張りもあるのだが、とにかく引きが強い。

 
その話を娘にしたらやはり、あんなにいい加減なオトコなのに運だけは良くてムカつく、と。


そうだね


娘は幸運貧乏だ。

基本的に兄である息子譲りで引きは強い。

今日の一等もそうだ。

受験番号1番を引いたりする。

 


でもそれで運を無駄遣いしてしまったと思ってしまう。

失敗したと。


そんな者には勝機は訪れない。


僕がそうだから良くわかる。

秘密のおじさん

病床の母がぽつりと言った。

「あなた秘密のおじさんにそっくりになってきたわね。そんな感じだったわよ」

そういうものなのかな。隔世というか飛び石遺伝みたいなもんかな。

好きなおじさんで憧れている面もあったから、ゴールに導かれたような気もして嬉しくもあった。

 

「秘密のおじさん」とは、広島出身の母の叔父つまり広島の祖母の弟。

広島の焼け残った区画の迷路のような路地を抜けた雑居住宅の奥に隠れ住むように住んでいた。

だから「秘密のおじさん」と僕は呼んでいて、「西口のおじさん」というのが広島の親族の間での正しい呼称だ。

「秘密のおじさん」は学者肌というか、本ばかり読んでいる一風変わったひとで、僕の中のビジュアルのイメージはこれ。

 

もっともこのイメージは勝手に作り上げられたもので、本当のところは記憶にはない。

僕が高校に入って物理を学びだし、相対性理論宇宙速度に鼻の穴を膨らましだしたころ、ある物理の参考書にガモフが紹介されていた。

 

f:id:pooteen:20190123165807j:image

これは読まずにはいられないではないか。

この物理の参考書はいまだに携行していて、物理の法則を思い起こし考慮する必要がある時には頁を開いている。

 

そしてどのような経緯だったのかは失念してしまったが、おかしなことに興味を持ちだした僕におじさんが喜んだらしく、ガモフの「不思議の国のトムキンス」を送ってくれた。

それはまさに手垢のついた古本で、それがまた嬉しかった記憶がある。その後も「秘密のおじさん」は亡くなるまで何かと僕に目にかけてくれた。

 

ガモフについては下記を参照にしていただきたい。

768夜『不思議の国のトムキンス』ジョージ・ガモフ|松岡正剛の千夜千冊

平凡な銀行員のトムキンスが不思議な世界で繰り広げる奇想天外な冒険を通して、相対性理論への入り口へ導いた本で、1940年の原書刊行以来、各国語に翻訳された.著者のジョージ・ガモフはビッグバン理論の提唱者でもある。一般読者向けにやさしくおもしろい科学読み物を数多く著したことでも有名である。

 

 

そんな隠された探究者のような「秘密のおじさん」に僕が似てきたと母に言われて、嬉しくもあったのだが少し気になっていた。

死期せまる母がなぜ突然そんなことを僕に言ったのだろうか。僕に叔父の面影を見たのは、無意識のうちの隠されたメッセージなのだろうか。

僕の下には妹と弟がいて、父や母の面影を残していて一見して親子だと分かる。僕は下の兄弟二人とは全く似ていなくて、というか異質であり、幼少のころから母に似ているといわれ続けてきたが、父に似ているといわれたことない。

 

母はその後合併症の影響で緊急オペを経たあと奇跡的な回復をした。とはいっても放射線治療をしていた癌が完治したわけではなく自宅療養するだけだ。

母は数日前に退院して実家に送り届けてきた。不思議なもので家に帰ると母は元気になり、よれよれしながら家の中をパトロールして、コンビニおでんを美味い美味いと完食し汁まで飲み干した。

 

 その日は半日ほど実家で過ごし、久々に幼少の頃の写真を見たが、まるでよその子が紛れ込んで写っているように僕は異質であった。

 

母は被爆者ということもあり放射線治療に強い懸念を示し、もう思い残すこともないからオペも拒否していたが、なんとかそれらをクリアした。ひょっとしたらそれが母のレースの最終ラップだったのかもしれない。

最終ラップをふらふらになりながら回り、チェッカーフラッグを受けた母は家に戻ることができたんだな。

そしてこれからが完走を祝福されるウイニングラップであればいい。

 

「秘密のおじさん」の秘密は秘密のままでいい。

 

 

穏やかな天気の中詰んだ男が走る

f:id:pooteen:20190104153713j:image

 2018年大みそかは年越しそばをちゃちゃっと作って食べて

f:id:pooteen:20190104153656j:image

 足りないからかぼちゃを素揚げにして塩振って冷蔵庫の余った野菜でサンドイッチにして

 

明けて2019年元旦は最高の天気

いそいそと浜名湖に繰り出して久々の湖畔ジョギング

f:id:pooteen:20190104154038j:image
f:id:pooteen:20190104153926j:image

ここのこじんまりとした入り江は、いつどんな風向きでもどんな天気でも別世界のように凪いでいる。

そこにある漁師小屋が管理物件になっている。売りなのか?欲しいぞ。

いつも繋いである漁船がないので主を失ったのか
f:id:pooteen:20190104153923j:image


f:id:pooteen:20190104154029j:image


f:id:pooteen:20190104153935j:image

 

そして毎年楽しみにしている浜名湖越しの富士。

空気の澄んだ冬の朝にしか見えない。今日は絶対いけるぞ。


f:id:pooteen:20190104154006j:image

緑のトンネルを抜けると見えるぞ
f:id:pooteen:20190104153954j:image
f:id:pooteen:20190104153939j:image

うむ。素晴らしい。

昨夏の台風の爪痕がまだまだ残っている。


f:id:pooteen:20190104153946j:image

富士が一番よく見える半島の先から
f:id:pooteen:20190104153931j:image
f:id:pooteen:20190104153942j:image

これは良いカメラが欲しくなるね。肉眼ではもっとくっきりと見える。

 


f:id:pooteen:20190104153951j:image
f:id:pooteen:20190104154043j:image
f:id:pooteen:20190104154009j:image
f:id:pooteen:20190104154033j:image
f:id:pooteen:20190104153918j:image

今年は暖冬で海水水温が高いせいか透明度が低く藻がありこちに散見される


f:id:pooteen:20190104154016j:image

無用の者立入るべからず。首狩り族の警告のように。

 

そしてガンで入院している母親の病院から呼び出し
f:id:pooteen:20190104154013j:image

セシル号でがらんとした豊橋駅前大通りを抜けていくと、珍しいクラシックオープンカーが。

品川ナンバーでアフロっぽいヘアスタイルの二人組が乗っている。奥田民夫2人組だ。

今どきはやりのヘアスタイルは、ポマードでハードにセットした5、60年代風の七三スタイルに、車はセダン、SUV、オープンカー問わず高級志向だから、それを意に介さないスタイルが印象的だった。


f:id:pooteen:20190104153958j:image

 

母親は容体が急変し緊急オペになった
f:id:pooteen:20190104154002j:image
f:id:pooteen:20190104154024j:image

容体についてはもうなるようになるしかない、どうあっても誠実に受け止めるしかないと思ってる。

明日晴れたらいいな、そんな風に。

 


f:id:pooteen:20190104154020j:image

 

 

それから病院で30年ぶりに元カノに会った。まさに邂逅だ。

アスリートらしく今でもタフなスポーツをやっているらしく、歳を感じさせない身のこなしとスタイル。

なんというか、30年前より進化している。すごいな、と思った。

首元のゆったりとしたセーターからきれいな背中が見えた。

 

でも今はあまりにもタイミングが悪い。 

突然時計の針を戻されたようで心がざわざわした。

 

これを書いている今日は1/4。

母親のオペは想定内で終了し意識も戻りICUに居る。

 

 

 

 

 

おやすみなさい

うちのマンションのエレベーターで時々一緒になるアルゼンチン人女性がいる。

いや、勝手に僕がアルゼンチン人だと思っているだけで本当は知らない。

寒い地方の海のそばに住んでいそうな少し影のあるきれいな人だ。

 

知らない女性と二人きりのエレベーターは気をつかう。

最初は僕が先に乗っていてその人が後から乗ってきた。

 

 

「こんばんは」と僕が言う。不自然にならない程度にニッコリとして。

その人もニッコリと笑う。

「何階?」

「ゴウカイデス、アリガト」

その人が5階で下りる。僕は6階だ。

 

「おやすみなさい」と僕が言う。

その人は振り返りながらまたニッコリと笑う。

 

最初の緊張感は解けて今はむしろホッとする20秒間だ。

今は先に入った方がフロアボタンを押す。5階と6階だ。

 

 

おやすみなさい

遠くどこかを思わせる香水の匂いをほのかに残しながら、その人は閉まるドアの向こうに消えていく。

 

この距離感は好き。

The Long Goodbye

東三河、昭和カフェ探訪というインターネット記事から、郷愁すら感じさせてくれた愛知県蒲郡市の喫茶「ヒル・トップ」から、大好きな「喫茶山小屋」を思い出しました。

愛知県豊橋市東部の赤岩寺参道から道を逸れた、里山の中腹にひっそりと佇む茶店

建物はちょっと昭和のブラックな面影を残す不思議な構造です。仕切りのようなガラスのショーケースで区切られた客席の一角には開かずの謎の扉があります。

山の麓からかすかに見える建物を伺うと、その謎の扉の先には階段通路が続いていて、上った先には連棟の旅館風の建物が。

何というか昭和のエッジの情景が目に浮かびます。

それはともかく、喫茶山小屋を訪れると学生運動時代の村上春樹のような風貌のマスターと、「傷だらけの天使」の岸田今日子を太らせたような、母親と思しき妙齢の女性がネコを傍らに時を眺めていました。

初めて訪れたのはかれこれ30年以上前の話です。

ときわ通りの専門店より好きなこくのある炭焼珈琲と、とても美味しいサンドウィッチが大好きでした。

良い喫茶店というものは、うまいサンドウィッチを出すものです。

家庭料理のような味わいのメニューも趣深いものでした。

 

f:id:pooteen:20181030192919p:plain


食べログから転載した画像ですが、まさにこれがその素晴らしい「かくあるべきサンドウィッチ」です。

食べログ情報では店舗の現在の運営状況は確認できません

ヒル・トップ」も然り、どうやら残された時間は少ないようです。

 

2011年には盛業中のようです

 

2018年10月29日

「山小屋」を訪れてみました。

エントランスは廃屋のような荒れ具合・・・やばい

ああ

ドアのガラスには縦書きで「臨時休業」とだけ書いた短冊がセロテープで貼ってあった。短冊もセロテープも風化し随分と時が経ったことを示している。

 

お終いだ

 

あのコクのあるコーヒーとサンドウィッチがもう

 

To say Good bye is to die a little.

Raymond Chandler -The Long Goodbye ー