Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

断片

その女の子の名前は覚えていない。

でも雰囲気は良く覚えている。背が高く育ちの良さそうな優等生で、常にお淑やかで上品であることを求められている印象があり、またそれが彼女に少しネガティブな印象をもたらせていた。

 

少人数制学習塾で一緒になった子だ。

 

中3を控え周りが高校受験を意識しだすと、僕の成績は次第に落ちていった。

 

簡単な話で僕は全く家庭での学習が出来なかった。

机には座っていたけど10分と集中できず、そのばらまかれた10分と授業のリスニングだけで、僕の成績は成り立っていた。

 

特に記憶と作業がモノを言う英語の成績の失速がひどかったんだと思う。

危機感を感じた親は僕を少人数制の塾に送り込んだ。そこは退職した中学の英語教師の英語塾で、当然ながら中学英語ひいては受験英語を熟知しており、みるみるうちに僕の成績は上昇してテストで満点をとるようになった。

 

数学に関してはその元中学教師の息子が早稲田の理系で、彼に数学的素養の基礎的なものを習ったことがあり、まあそこそこ何とかなっていた。 

 

国語に関してはとにかく本が好きというか、物語や記録に夢中で猛烈に読んでいたから、勉強なんかしなくても好成績が取れて、僕一人だけぶっちぎりの高得点の時もあったりした。

 

そんなわけで僕は相変わらず家庭では机に座って、ラジオを聞きながら本を読んだり夜な夜な妄想に浸っていた。

 

そしてもう秋になろうとするころ、一方の彼女の成績はパッとしなかった。きっともう頭打ちだったんだろうと思う。

 

元々成績の良かった彼女が、ふらふらしたもやしでチビの僕に追い越されてしまって心中も穏やかであるまい。

 

私はこんなに頑張っているのになんで

 

彼女は不満というよりそんな悲壮感を漂わせていた。

 

たしかに僕は頑張っていなかった。

 

たしかもう最後に近い定期テストだったと思う。

塾講師の思惑通りの設問で間違いなく満点だろう。

おそらく彼女でも満点取れるだろう。

 

そこで僕はわざと文章解釈に間違えた回答をした。

二重否定を肯定とするか否定と解釈するかで、どちらともとれないこともない。設問者に対する抗議の気持ちもあった。

 

塾で定期テストの結果報告をした。

彼女はやっと満点がとれた。僕はたしか96点だったように思う。

 

塾が終わると外で彼女が待ち構えていた。

はじめて口を聞いた。

 

マルマル君わざと間違えたでしょ。わたしにはわかるの。どうして

 

彼女は目にいっぱいの涙をためていた。

 

彼女はその後、僕と同じヒエラルキー普通科高校に通い、きっと相変わらず努力を続けたんだろうと思う。自宅から通える県立外国語大学を卒業したあとわが街の市役所の職員になった。

 

しかし地方都市の市役所では、外大で培ったスキルを生かす所などなく、彼女は少し腐っていた。    

 

その後彼女は海外相手の商社マンと結婚して、重なるようなタイミングで結婚相手のチェコ赴任についていった。

やっと親から逃げ出すように。

 

マルマル君の情けにはひどく傷ついたわ。

県立外大は私なんかよりずっとできる子ばかりで、学んだことを生かす進路にもし行けたとしても、もっとすごい人ばかりで、私がいくら努力してもついていけないことは、すぐにわかったわ。  

だから市役所に行ったの。

でもまさか研修とはいえ、ごみ収集車や水道局の料金課に行かされるとは思わなかったわ。

 

親は外務省とかに行ってキャリアと結婚なんて夢みたいなこと言っていて、だから市役所なんかに行くからそんな事になるんだと言っていたけど。

家に縛り付けていたのにね。

おかしな話よ。

 

中部国際空港行きの特別列車の中で、偶然にも再開した彼女は一気にまくし立てた。

 

でも僕にとってはそんなことはどうでも良かった。

それは自己憐憫、責任転嫁、依存心と呼ばれているダメな女の三大要素だ。

 

そんなことよりチェコ共和国のことで頭がいっぱいになった。

  

チェコはどう?カフカの国だ。

 

そうね、でもそれどころじゃないのよ。ヨーロッパの人を相手にするのは仕事でもプライベートでも本当に大変なのよ。

なんていうか生き抜く力が日本人より全然優れている。

もちろん日本人にもいいところもあるわ。

でも総じて甘い。

 

でもマルマル君がわざと英語のテストで負けてくれたのに比べれば何ともないわ。あの時は本当に悔しかったの。テストは塾で習ったとおりでマルマル君も満点間違いないと思った。あーこれで最後まで勝てなかった、さえないチビでもやしくんに。そしたらマルマル君96点ってふざけてるの?どういう意味なの?って思ったら悔しくて涙が止まらなくなった。

 

こんなチェコの諺があるの。この諺を知ったときにマルマル君のことを思い出したわ。

 

隣の山羊も死ねばいいのに

 

ところで Czech no Republic ってなんなんだ?

ふざけてるのか?

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

原点

 

pooteen.hateblo.jp

 

絵画の作家活動をするために上京した娘がお盆の間の数日間帰郷していた。

 

Login • Instagram

 

合同アトリエでアトリエ展を開き、なかなかの手応えがあり絵も売れたと。

 

それは良かった、作品をもっと増やさなきゃね。

 

現代アートというか、哲学的なテーマがあってその心象風景を描くような作風でちょっと難しい。

また著名な現代アートの大作制作の下働きで10日ほど東北の山ん中でひたすら描いてきたと。

 

上京してほんの数ヶ月だけど、佇まいも驚くほど逞しくなっていた。

結局のところ全てを決めるのはコミュ力なんだけど、苦手としていたそこが補完された感じ。

 

いつも娘の行動力というか腹の据わったところには感心させられる。

 

そんなわけで夏も終わりだ。

 

春の新年度から郵政車両の保守業務を請け負うことになった。公益事業というか必須インフラの保守なので仕事は枯れることはない。単価が安いので二の足を踏んでいたが、実際に始めてみると僕は手が早いので、現実的な単価はなかなか悪くない。

前任者は80でリタイアするまで50年郵政保守をしてきたという。

ささやかな鉱脈を掘り当てたようだ。

 

そんなわけでいまはひとり三交代の仕事をしている。

相変わらず新幹線保守の機械オペも続けていて、それを未明から早朝までやってそのまま郵便局の地下で郵政保守をする。

その後少し寝て午後から自分のワークショップを仕事をする。これはかなり仕事は絞っている。

そしてまた新幹線保守の夜勤に出かける。

 

すごいハードだけど、夜勤が早いと8時で遅いと24時出勤で、明けも早いと3時で遅いと6時半。

郵政保守も自分のペースでできるから何とかなっている。

これが定時定量だったら無理だ。

 

そんな毎日の中に時々休日をとるり、豊橋魚市場前の伝説の中華料理屋に行ってきた。横浜中華街出身の腕の確かな伝説のシェフがやっている。

齢80を軽く超えているであろう年老いたシェフはうまく立回るのは苦手のようで、場末感のあるボロボロの汚いお店で中華鍋を振るう姿は、まるで峠の砦に篭ったスパルタ人のようだ。

 

料理としてはかなりラフだ。

だが魂のこもったパンチのある味で実に心に響く。熱狂的なファンが多いのは実に良くわかる。

だが残された時間は少ない。

 

Youkarouhanten - Toyohashi/Chinese [Tabelog]

 

f:id:pooteen:20190827002941j:image

f:id:pooteen:20190831174513j:image

 

f:id:pooteen:20190827003006j:image

 

その後少し休んで午後の遅い時間から浜名湖に出かけた。

 

f:id:pooteen:20190827004116j:image

 

このヤマハマリーナは中学生でディンギーヨットに陶酔していたころ通った場所だ。

この辺りを訪れると、様々な過去のことが思い出される。その頃沖縄から転校してきた僕は、豊橋の村社会というか閉塞感になかなか馴染めなくて息の詰まるような毎日だった。

そんな中全力でディンギーヨットを操るというのは例えようもない高揚感があり、時に奈落の底は引きずりこまれるような恐怖や絶望感を乗り越えるというのは、実によいメンタルのトレーニングとなり自分の基礎になっているように思う。

 

やはりここ場所は自分の原点なんだと改めて痛感した。

 

振り返ると最高の夕陽があるではないか。

 

f:id:pooteen:20190827003058j:image

 

今年も、暑かったけど短かったな、夏

 

 

春一番 - Toujours beaucoup

 

だらしない曇り空が僕なんだ

ちょっとレトロなアレンジで青くさい歌詞がラジオから流れてきた。

https://youtu.be/cD1KAsCtnwA


エスかノーなんて問いかけられても

ちょっとまって、そんな簡単に答えを出せないよ


叫びたい

青空なんて青空なんて好きじゃないよ

どこまでも雲がないなんて嘘っぽい

 


学園祭の女子バンドみたいに、稚拙だけど溢れ出る気持ちが伝わってくる


曲はこう終わる

 

だらしない曇り空が僕なんだ


最後は哲学的ですらある


ザ・コインロッカーズ

『憂鬱な空が好きなんだ』


おいちょっと待て

なかなかやるじゃないか、ザ・コインロッカーズとは

村上龍の『コインロッカーベイビーズ』をオマージュしたバンド名なのではないか?

 


『コインロッカーベイビーズ』は村上龍による最も村上龍たる作品でありこんな見事なレビューがある。

 


改行の少ない濃密な文章から想起される、匂い立つような生々しい映像と疾走感。

かなり人を選ぶ小説だと思います。

 


そしてこれを読んだ、まだ当時兼業作家であった村上春樹にもある種の革命を起こした

 


それを村上春樹はこのように表現している


しばらく時間が経ってから、ある種のショックがあった。

村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』を読み、こんな本を書きたいと仕事を辞め、小説一本にしました

京都大学の講義にて

 

 

ザ・コインロッカーズのプロデュースと作詞は秋元康


国民的ガールズバンドとしてプロデュースし、バンド名は「コインロッカーには、大切なものを預けたり、取り出したり、そして着替えたり、何かもうひとつの自分になれるキッカケになるもの── きっとそこには、彼女たちの夢が詰まっているのではないか」という意味を込め秋元が命名したという

 

一方『コインロッカーベイビーズ』ではコインロッカーはこんな役割をはたしている。


1972年夏、「キク」と「ハシ」はコインロッカーで生まれた。2人は横浜の孤児院で暮したのち、九州の炭鉱跡の島にいる養父母に引き取られる。

多感な時代をその島で過ごしたのち、本当の母親を探してハシは東京へ消えた。そのハシを追って東京へ来たキクは、鰐のガリバーと暮らすアネモネに出会う。キクは小笠原の沖、カラギ島に眠る「ダチュラ」を使ってこの世界を破壊したいと願い、ハシはその生まれもった才能と努力でポップスターへと登り詰めた。「本当の母親」に出会えたとき、2人のとった行動は…。

キクとハシが幼少時に「聞かされた」音とは…。

 


対極にあるようなシンボルとしてのコインロッカーであるが、出発点でもありターニングポイントであることは共通している。


ザ・コインロッカーズ秋元康が表現する現代版の『コインロッカーベイビーズ』なのであろうか。

 

 

参考

 

https://matome.naver.jp/m/odai/2144924345824084201?page=1

 

ライ麦畑でつかまえて

 

もしも君が、ほんとにこの話を聞きたいんなら、まず僕がどこで生れたかとか、チャチな幼年時代はどんなだったかとか、僕が生れる前に両親は何をやってたかとか、そういった《デヴィッド・カッパーフィールド》式のくだんないことから聞きたがるかもしれない。
でも実をいうと僕は、そんなことはしゃべりたくないんだな

 

認知症が進んでいる恐れがあるからご配慮と体制を再考ください」

 

そう母の担当医から電話があった

 

末期癌で療養中の実家の母のもとを訪れると、母はリビングの窓際で読書をしていた


イージーチェアーに発射前の宇宙飛行士のように身を投げ出し、スツールに足を載せ老眼鏡もなしで 

 

「眼鏡なくて読めるの?」

 

「それが平気なんよ。この本なんでウチにあるんだろうね?誰のかね?」


見るとそれは

 

ライ麦畑でつかまえて

村上春樹


村上春樹の翻訳版というのがなんともまたマニアックで、なにか暗示的なものすら感じる

 

青臭い青春小説である

 

f:id:pooteen:20190613021804j:image

 

とにかくね、僕にはね、広いライ麦の畑やなんかがあってさ、そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしているとこが目に見えるんだよ。何千っていう子供たちがいるんだ。そしてあたりには誰もいない――誰もって大人はだよ――僕のほかにはね。で、僕はあぶない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ――つまり、子供たちは走ってるときにどこを通ってるかなんて見やしないだろう。そんなときに僕は、どっかから、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。一日じゅう、それだけをやればいいんだな。ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。馬鹿げてることは知ってるよ。でも、ほんとになりたいものといったら、それしかないね。馬鹿げてることは知ってるけどさ

 


ああ馬鹿げていることは知っているさ

 

ライ麦畑でつかまえて』をまるでリライトしたようなジャームッシュの映画『パーマネントバケーション』はこう括られる。

パーマネントバケーション - Toujours beaucoup

僕の人生は言うなれば永遠の休日のようなものだ

 

母はいまそんな心模様なのかもしれない

 

素敵じゃないか


she is okay

「ワレ カテリ」ジビエの戦い

ついに狩猟免許を取得した友人の罠に鹿がかかったと。

 

もし良かったら少しでいいからとおすそ分けをお願いしていたら。

 

どーん

 

f:id:pooteen:20190322182711j:image

 でかい

あの、ジビエ肉調理初めてなんですけど。

 

f:id:pooteen:20190322183325j:plain


冷凍された状態でもらいました。

キッチンペーパーでグルグル巻きにして冷蔵庫で解凍。

解凍に3日ぐらいかかってしまった。2日目に沁み出てきた血を吸い始めたキッチンペーパーを交換。

 

そして満を期して解凍された鹿肉に包丁を入れる。

 

ここで実戦の困難さを知ることになる。

 

筋膜や腱のなんと固いこと。

削いでみたり引っ張ってみたりブッ叩いたりもう大変。

できるだけ筋膜や脂身を取り除き、なんとか腿はブロック肉と細切れに。

脛部ははもう強靭な筋が何ともならず、縦に切れ込みをいれ骨付き短冊肉みたいな感じに。

 

その後、腿部のブロック肉と、その他の細切れと骨付き肉に分け牛乳にしばらく漬ける。

腿のブロック肉は後日ステーキにすることにして、小一時間後、ピンク色に染まった牛乳からバラ肉と脛部の骨付き肉を取りだす。

水洗いして塩もみしてまた水洗い。これを繰り返してキッチンペーパーで水気を吸ったあと、片栗粉をまぶして表面を軽く焼く。

 

 

f:id:pooteen:20190322182820j:image

 

一旦肉は取りだして、シチューの仕込みにかかる。

オリーブオイルにカットにんにくを入れ、にんにくに軽く色が入るまで熱したら、カットしたセロリ、ニンジン、玉ねぎをいれしばらく炒める。

 

 

f:id:pooteen:20190322182829j:image

 

赤ワインをドボドボと入れ鷹の爪を放り込みひと煮立てしたら鍋に移す。

 

ここで「なぜおまえは最初から鍋でやらなかったんだ」と呪う。

新人パイロットが良くやるミスのひとつかもしれない。鬼教官がいたらドヤされていたところだ。

 

さて、トマト缶をひと缶と空いた缶で水を一杯入れ、ひと煮立てしたら満を期して、先に焼いておいた鹿肉を入れ30分ほど煮込む。

 

f:id:pooteen:20190322182856j:image

 

 

おおお、なんとか体裁が取れてきたぞ。

 

f:id:pooteen:20190322182912j:image

 

 

 できたー

ドキドキしながらまずは鹿肉を一口。

行き当たりばったりの素人料理で、臭くで筋だらけでも文句言えねえな、と軽く諦観しながら。

f:id:pooteen:20190322183346j:plain

 

 

 オーマイゴー

 

美味いではないか!!

柔らかくとろけるようで臭みも全くない。

骨付き肉は肉感が素晴らしいではないか。

味は良く言われいるように牛肉のような味。

それも脂の乗ったとろけるような味わい。

 

なんというビギナーズラック。

 人生初のジビエ肉決戦の初陣を飾ったぞこれは。

 

これは明日のステーキ肉も楽しみだ。

 

 

舫いを放て

日曜の深夜新東名を東へひた走り、東京インターから首都高3号渋谷線に入る。

 渋谷の街を通り過ぎるとナチスの高層防空要塞のような森ビルが次第に大きく見えてくる。

C1環状線左回りに入り、霞が関トンネルを抜けると皇居のお堀沿いをしばらく走ると、大手町のオフィスビル群。

 そこからC1を離れ6号7号箱崎方面へ。

箱崎で千葉方面の7号と別れ、6号向島線三郷常磐道方面入ると高架は隅田川沿いを北上する。

 墨田川には関東大震災復興事業で架橋された意匠に富んだ重厚な橋が次々と現れる。

威厳のある橋たちと浅草はじめレトロな下町の街並み、背後に群立する高層ビル群、増殖しつつあるタワーマンション群、そしてゆったりと大きく流れる隅田川と屋形船たち。ここの桜も実に見事だ。

 ノスタルジーと時の膨張との対比が織りなす景観は、東京で一番好きで、首都高というのは僕にとって一番の東京見物だ。

 東京出身の同級生はレインボウブリッジからの鳥瞰した都市景観が一番東京らしいといった。

 駒形橋をすぎ浅草付近で右方向には、アサヒビール本社の金色の巨大なアレが見えてくる。

 ふと助手席の娘をみるとその物体を見てクスクス笑っている。

 いうなれば空飛ぶ金色の糞だ。
もちろん糞なんかではない。「聖火台の炎」であり金色の炎は「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」を表わしているそうだ。

 一昔前、レースでもてぎやSUGOそしてツクバサーキットに行く時は首都高で夜の東京の街を潜り抜けて行った。まだ押上タワーが無かったころだ。

 東名から3号渋谷線に入るころ、まだ小さかった娘がこっそりと起き出して車窓を眺めていた。

そしてアサヒビールの横を通るたびに僕は誰彼となく「おいウンコが空を飛んでいるぞ」なんて言っていた。

 こっそりと起き出して車窓から見えるダイナミックな東京の街をじっと眺めていた小さかった娘。

この子は大きくなったらここへ(東京)へくるのかもしれないなと、ぼんやりと考えていた。

それがいま現実となり、大きくなった娘は東京葛飾でアトリエを間借りして作家活動をしていくことになった。

 そしてまた同じ道のりで首都高を辿って引っ越しをしてきたのだ。

多分娘はもう帰ってこないだろうと思う。

 寂しくもあり喪失感もあるが、『トニー滝谷』のラストの「トニー滝谷は今度こそ本当のひとりぼっちになった」と同じように、然るべきポジティブな帰着であると考えたい。

 ご尽力いただいた関係者各位には深く感謝いたします。

 

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:é«å±¤ãã«ã空ãå±å¤

幸運貧乏

赤の金麦いかがですかー 

赤の金麦いかがですかー

6本お買い上げでー

あと30分ですー    


よく通るきれいなソプラノボイスが聴こえてきた。

みれば小柄でハッとするような綺麗な顔立ちの若い女性が、まるでお手本のようなきれいに背筋を伸ばした姿勢で、サントリーの「赤い金麦」の新発売キャンペーンをしている。


でも平日の夕刻の地方都市のスーパーには、ちょっとミスマッチなキャンペーンだし、ここでは売り子の彼女も少しオーバースペックのような気がする。


このような戦局ではグイグイと懐に飛び込んで行くような、歴戦の兵士が必要だ。


学校出たばかりなのに、地の果ての最前線に送り込まれた気の毒な青年将校のような彼女は、マッチ売りの少女のようでもある。


彼女の声は最前線の兵士たちには届かない。

 

よし


彼女の頑張りに一肌脱ごうじゃないか。

赤の金麦を買ってやろうじゃないか。


申し訳ないがいくら頑張っても発泡酒だから、そんなに飲みたいとは思わないが、彼女の奮闘に免じて、たまには発泡酒もいいじゃないか。


塹壕戦のように売り場を巡り、メントスを2本握りしめていた娘を探し当て、彼女の元に参じる。


キラキラの笑顔で迎えてくれた彼女は、完璧な商品説明とキャンペーン内容をプレゼンしてくれる。


6本お買い上げで引ける三角クジはもう一等と残念賞しかないという。


ヤバない?


勝てない勝負師の血が疼く。


一等は今治謹製綾織タオルだという。

残念賞はポケットウェットティッシュ


三角クジの箱を覗くともう数枚しかない。


彼女頑張ったんだな。

立派な戦果だ。


ここで一等当てなきゃ男が廃る。だが僕は勝てない勝負師だしチャンスをピンチに変える男た。


そのために娘を連れてきたのだ。

依存心とか責任転嫁ともいう。

 
果たして…


娘はワンチャン決めた。

一等引いたし。


ブラボーブラボーブラビッシモ


素直にうれしいぞ。


ここで息子がくじ運強いの思い出した。

レースイベントのジャンケン大会に優勝したり、いきなり5000円拾ったり、奇跡の受験や就職成功とか美人の彼女とか。

 

もちろん本人の頑張りもあるのだが、とにかく引きが強い。

 
その話を娘にしたらやはり、あんなにいい加減なオトコなのに運だけは良くてムカつく、と。


そうだね


娘は幸運貧乏だ。

基本的に兄である息子譲りで引きは強い。

今日の一等もそうだ。

受験番号1番を引いたりする。

 


でもそれで運を無駄遣いしてしまったと思ってしまう。

失敗したと。


そんな者には勝機は訪れない。


僕がそうだから良くわかる。