Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

And they lived happily ever after

youtu.be

Creep - Radiohead

陰鬱であるが強い意志を感じる鮮烈な曲です。

君を幸せにしたいだけなんだ

何でもするよ

君は本当に特別なんだ

僕は君の特別な存在になりたかったんだ

 

でも僕は屑だ

変わり者だ

こんなことしている場合じゃないんだ

ここにいるべき人間じゃない

ここは僕の場所じゃない

 

 歌詞は一見このPVとは合っていないような気もします。

 

僕がこのPVでイメージしたストーリーがあります。

 

別れを決意したあるふたり

彼女は旅立つ駅のCDショップに立ち寄って気になったCDを視聴していた。

何か特別な想いに耽るような彼女。

When you were here before
Couldn't look you in the eye

そんな彼女の傍に立ち視聴しだした男

「あなたそこで何をしているの?」

You're just like an angel

別れたばかりの彼だった

「あなたも私と同じCDを聴いているの?」

「そうさ偶然だね」

「偶然なんかじゃないわ、あなたは相変わらず何も分かっていないのね」

「でもいい曲じゃないか」

But I'm a creep
I'm a weirdo
What the hell am I doing here?
I don't belong here

「私たちやりなおせないかしら」

「いや、これで良かったんだ。同じことの繰り返しだ」

I don't care if it hurts
I want to have control
I want a perfect body
I want a perfect soul
I want you to notice when I'm not around
You're so fucking special
I wish I was special

彼の横顔に語りかける彼女

「今になって分かったの。あなたは本当に特別な存在なの。私のどこが気に入らないの?」

人混みのなかでひと時の時間を共有するふたり

But I'm a creep
I'm a weirdo
What the hell am I doing here?

「君のことは今でも好きだ。でもそういう問題じゃないんだ・・・じゃあ」

I don't belong here
I don't belong here

立ち去る彼

She's running out the door
She's running out
She runs runs runs

追いすがりたい衝動と葛藤する彼女

視界から消えた彼に動かされるように走り出す彼女

She's running out the door
She's running out
She runs runs runs 

陳列棚の向こうに彼を見つける

「このCD買ったよ。」

「私もよ」

荷物を持つ彼女

「さよなら」

いつものように気持ちを伝え損なう彼

「やれやれ・・・君の好きな曲が入っているのは知っていたさ」

Whatever makes you happy
Whatever you want
You're so fucking special
I wish I was special

駅の中央階段をとぼとぼと下りる彼女

「これで良かったのよ」
But I'm a creep
I'm a weirdo
What the hell am I doing here?
I don't belong here
I don't belong here

 

とまあ勝手に妄想してしまうのですが、実際には『peliculla and they lived happily ever after』というフランス映画のワンシーンです。

Ils se marièrent et eurent beaucoup d'enfants (2004) - IMDb

主人公のガブリエルが、あるCDショップで視聴をしているときに、
サラリと現れる男性。
それがジョニー・デップだ。

男性に言い寄られることも多い美しい人妻ガブリエル。
でも断固として浮気はしない、夫を愛する良き妻の彼女・・・

そんな彼女の目と心を唯一、一瞬にして奪った男性がこの男。

彼女が視聴しているすぐ隣に寄り添い、さりげなくヘッドホンをつけ、
言葉もなしにお互いに絶妙な目線を交し合う・・・
このシーンは、なんとも言えないほどにエロティックでドキドキしてしまう

ガブリエルが撫でるように見つめる彼の横顔。

それに気づいて
静かに微笑んでみせる彼。

偶然の出会いに、運命を予感させるような、極上のひととき。

カッコイイ音楽をバックに、そのひとときが最高に華やかで甘美に映し出される。

 

カリスマ映画論:フレンチなしあわせのみつけ方(ジョニー・デップが化けた人物) - livedoor Blog(ブログ)

 

 

youtu.be

 

前後のシーンを観てしまうと、いや観なくてもかな、僕の妄想は全くの見当違いなのです。

実は別れた妻がこのガブリエルに少し似ていて、別れたいまでも時々メールが来ていたのです。それがイメージの要因なのかもしれません。

当初はこちらの人格の瑕疵を責めるようなことから、実利的なつまりお金の話でした。でも子供たちも成人したこれからの事を、僕は重要視して出した結論であるし、その方がお互いのためになるであろう。人間的にも成長して豊かな残りの人生になればいいのではないか。今までの事も結局のところ自分の選んだ道の果てであり、結果には誠実になるべきではないのか。

そんな話をしました。

もちろんこんなシンプルな話ではないし、心情的にも後ろ髪ひかれる気持ちもあったのですが、それでも一旦は納得してはもらいました。

 

それからしばらくたって、やはり喪失感にさいなまされ精神的に不安定なようでして。

そういったことで本当にこれで良かったのか?もっと話し合うべきではないのか・・・等々

心情的に贖罪の気持ちもあり、まだ気持ちも残っています。

同様に喪失感はあります。

だからといってやり直しても同じことの繰り返しだと考えています。


セキオイシカワも言っていました。

It's no use for crying over split milk フクスイボンニカエラ

 

乗り越えて行くしかないと思っています。

そして物語の終わりはこう締めることが出来ればと思います。

そしてかれらはいつまでも幸せに暮らしました。

And they lived happily ever after

But I'm creep

 

明日へ向かって走れ

競輪選手として怒号渦巻くレーストラックに生を浮かべ、引退を間近に控えたある男が言いました。

いくら頑張ってもライバルたちはいつも3年先にいた。その差はずっと埋められなかった。今も。

彼は高校卒業までは陸上選手として活躍していました。
なかなかのセンスだっと聞きます。

そして高校卒業と同時に、厳しい関門をクリアして競輪選手養成施設に入り、猛烈なシゴキを死ぬ思いで乗り越えて競輪選手になりました。

選手養成所に入った当初は絶望したそうです。
主体は高校卒業まで自転車レースのためだけに頑張ってきた全日本クラスの選手ばかりでした。
いわゆるコストをかけて育てあげてきた養殖ものです。対する彼は天然もの。稀に宝を産みだす原石のようなもので、ほとんどは厳しい訓練に耐えかね脱落していきます。

天然ものの彼が感じたのは、特に心身ともに成長する10代中盤に積み上げた力の差、つまり陸上に執心していた3年間を悔いたそうです。

その3年間の差を埋めるために人並み以上に頑張りましたが、いつまでたってもその差は縮まるどころか、無理して故障したり怪我をしたりで、3年後を着いていくのが精いっぱいだったそうです。

でも、ひょっとしたらそれは彼の自己憐憫のための言い訳なのかもしれません。

でもいいじゃないか。
彼は調子に乗って散財したり非人になったりすることもなく、堅実に暮らし穏やかな家庭を築き上げ、恨まれることも嫉まれることもなく、決して万全とはいえないけど五体満足でリタイヤすることができました。

凡人には絶対に経験できない、スリリングな非日常の世界を骨の髄まで喰らうなんて稀有な人生で嫉妬すらします。

一流選手でも人生が立ち行かない者はごまんといます。

でも彼はパッとしない手組のゲームだったけど、きれいに上がることができました。

それって実はすごく立派なことだと思うのです。

 

遠い砂漠


そのくせぼくらは砂漠を愛したものだ。

砂漠は一見空虚と沈黙に過ぎないように見える。
それは砂漠が日の浅い恋人に身を任せたりしないからだ。

月曜の朝に慄く中二

 


f:id:pooteen:20171016020218j:image

クラブ希望

呼び込みの前原に懇願されて入ったクラブ希望のママが小池百合子で、席に着いたのが蓮舫辻元清美でボトル入れないと返してくれそうもない。

 

消費税はしばらくサービスにしとくわ(小池ママ)

 

小池百合子女史の「希望の党」と前原誠司さんの「民進党」合流は頓挫へ(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

親父にもぶたれたことないのに

ドラムソロで暴走してプレイをやめない生徒に対して日野皓正さんが

 

日野皓正:「貴様なぜ自分の任務を果たそうとしないんだ。」

生徒:「日野さんはなんで戦っているんです?」

日野皓正:「今は、そんな哲学など語っている暇はない。やめろ!おい。」

生徒:「やめてくださいよ。そんなに僕のドラムが気に入らないならあなた自身がやればいいんですよ。」

日野皓正:「出来ればやっている。貴様に言われるまでもなくな。」

生徒:「僕だって出来るからやっているんじゃないんですよ。」

 

バシッ(ビンタする)

 

生徒:「ウッ、殴ったね。」

生徒の友人:「日野さん!

日野皓正:「殴ってなぜ悪いか。貴様はいい、そうやって喚いていれば気分も晴れるんだからな。」

生徒:「僕のドラムはそんなに安っぽいですか。」

 

バシッ(往復ビンタする)

 

生徒:「2度もぶった。親父にもぶたれたことないのに。」

日野皓正:「それが甘ったれなんだ。殴られもせずに1人前になった奴がどこにいるものか。」

生徒:「もうやらないからな。誰が二度とドラムなんてやるもんかよ。」

生徒の友人:「いいかげんにしなさいよ。しっかりしてよ、情けないこといわないで。」

日野皓正:「俺たちはステージにいる。今のままだったら貴様は虫けらだ。俺はそれだけの才能があれば俺を超えられる奴だと思っていたが残念だ。」

生徒:「・・・。日野さん、日野さんっ」

生徒の友人:「ドラムソロのテクニカルコントロールマニュアルってあるんでしょ。あたしがドラムをやるわ。自分のやった事にうぬぼれられない人なんて嫌いよ。今日までこのバンドを守ってきたのは誰でもない俺だって言えないあなたなんて男じゃない。あたし・・・。」

生徒:「ドラムソロは君には無理だよ。」

生徒の友人:「そんなことわかってるわ」

生徒:「悔しいけど、僕は男なんだな。」

 

ブライト指揮官が、甘ったれの天才パイロットアムロに手を上げ叱咤するガンダムの1シーンを、今回の世界的トランぺッターの日野皓正さんの教え子に対する「往復ビンタ事件」にアテレコしてみたのですが。

 

 

言って聞かせて、させみせ、ほめやらねば、人は動かじ

山本五十六さんの名言にありますが、それでも動かない人は犬以下で叩くか消えてもうらうしかないのですが。特に自我が確立していない子供の指導は、動物に対する躾のようなケースも出てきます。

しかし暴力で指導するというものは逃げやすい手でもあり、習慣性もあり核保有と同じで発射のボタンを押してはいけません。

でも銃の引き金と同じで、銃というものはいつかは撃たれるためにある。核のボタンも同じでそれが故に狡猾な外交カードでもあります。

 

特に今回の日野さんの行き過ぎた指導について

基本的に高みに登りつめた世界的なプレイヤーやアスリートというものは、隠された因数のように暴力的な野獣の要素を隠しています。でなければ戦いに生き残って世界を見下ろすライオンキングのように高みの岩の上に立つことはできません。

日野さんにとって今回の教え子の暴走は氏の領域を侵すもので、普段は隠されている獣の爪が光っただけなのかと。

 

上位者や教育者が頼る暴力とは異質なもの。

 

そしてライオンは全人ではないということをしっかり理解して、周りがフォローして見張っていないといけないと。

 

戸塚宏さんもそんな人だったなあ

pooteen.hateblo.jp

 

 

www.huffingtonpost.jp

シーラカンスの唐揚げ

沼津港深海水族館へ行ってきた。

シーラカンス・ミュージアムというサブネームがついており沼津港の一角にある。


f:id:pooteen:20170831071316j:image

これ宇宙観があって好き

 
f:id:pooteen:20170831071340j:image

スプートニク号みたい

 
f:id:pooteen:20170831071508j:image

こっちのほうがスプートニクっぽいか。

 

 

f:id:pooteen:20170831143555p:plain

スプートニク号 ソビエトの史上初の人工衛星

f:id:pooteen:20170831071403j:image

 


f:id:pooteen:20170831071427j:image

 


f:id:pooteen:20170831071456j:image

でもって


f:id:pooteen:20170831072340j:image

こんなのとか


f:id:pooteen:20170831071559j:image
こんなの見たあと

 
f:id:pooteen:20170831071618j:image 

オコゼの唐揚げのシーラカンス感がじわじわきた

 

 
f:id:pooteen:20170831072353j:image

 

水族館と魚河岸が一体となった港

葬儀屋と産婆というか、ゆりかごから墓場までのような世界観が個人的に見所だった

 



 

Lives still

新入社員の年収ぐらいの価格のライカを触らせてもらった。

重力の存在を感じる質感、そして愚直なデザイン。

その場で一枚撮ってもらった。
まるで水中のような光と立体感。2人の主役にスポットを当てたようなフォーカス。
まるで空気までも描き出している静物画のようである。

Still life とはよくいったもんだ。