Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

100年の悲劇

恐るべしNHKスペシャル(吉川圭三) - BLOGOS(ブロゴス)lite.blogos.com

NHKスペシャル「新・映像の世紀・第一集・100年の悲劇はここから始まった」
第一次世界大戦の一部始終を描いたドキュメンタリー。
 
歴史教育できちんと、こういった真実を学ばないといけない。
塹壕足や毒ガスや砲撃音による精神錯乱やPTSDなど、大量殺戮の近代戦争の地獄が始まった。それは国の経済を破綻させた総力戦争だが、一方ではぼろ儲けした企業もあった。
 
現代では総力戦争はないといわれている。高度に進化した情報収集と武器による、いきなり王手を争うような戦いか、今も世界のどこかで行われている内戦やゲリラ戦などの局地戦。
 
そして難民の問題について考えていた。
ロマなど定住しない流浪の民政治すなわち大戦に翻弄された世界的規模のユダヤ難民。そして現在問題となっているシリア系難民。
 
難民と不法移民の違いと境目。合法的な移民。いずれにせよ政治的な思惑や国の事情が大きく影響している。
 
性善説だけでは済ますことが出来ない大きな問題。
 
難民受け入れ国や企業が、安く使えて搾取しやすい労働として難民を受け入れると、市民の生活が脅かされる可能性。雇用や治安や社会福祉
 
だが目の前にいる難民たち。
 
下記のツイログは世界一周中の日本人が、ハンガリー国境での難民の状況を伝えたもの。ハンガリーの女性カメラマンが難民の少女を蹴っ飛ばして物議を醸した場所だ。最終的にドイツを目指す難民たちにとってハンガリーは重要なポイントとなる。
 
シリア系難民たちは隣国のトルコなどへ、先ずは逃れるが生活が成り立たない。裕福なドイツを目指し、悪徳ブローカーに命運を託しなどし、ギリシャに命からがら海を渡り、バルカン半島を北上する。
 
難民認定を受けるのが難しいギリシャマケドニアセルビアなどを非合法的に抜け、ハンガリーに入り難民認定を取得すれば、そこから先は国境を自由に行き来できる。
 
海賊、山賊から身を守り、海をこえ山を越えて、やっと先の目処がつくのがここハンガリーなのである。ところがハンガリーも受け入れのキャパを越えコントロールできなくなってきた。市民を守るためには難民を絞らなければならなくなってきた。
 
プロが取材したニュースとは異なる目線と物差しで伝えている。
 
とにかく子供たちの姿に胸が詰まる。

たかゆき〈世界一周中〉(@takayukirainbow)/2015年09月16日 - Twilog

シリア難民 - Google 検索

難民問題が浮き彫りにする諸矛盾:グローバルな負のインパクトの連鎖反応(六辻彰二) - 個人 - Yahoo!ニュース

参考までに過去の難民の受け入れのことなど。

ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国

樋口季一郎 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

広告を非表示にする