読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

I can boogie

あの頃のあの曲

Yes sir I can boogie 

I can boogie boogie woogie all night long..,
 
たまたま今日、はじめてかと困惑したくらい久々に聴いて、もうずっとこのフレーズが頭から離れない。
 
1977 Baccara "Yes sir I can boogie"
 
当時はリアル中二。ディスコサウンド全盛期で、夜の闇に溶けていくようなサウンドが流行っていた。この曲のサビも耳に残っている。
 
スタイルとか歌詞はここで紹介するのは、はばかられる程エロティック。ロマンポルノミュージック。
 
でもそれはともかくとして、幻想的で色々な想いが、尾を引いて没した星のように現れては消える。
 
詳しくはリンク先に良くまとめられている。そしてやはりカバーも多くされていて、その中でもこれが素敵だった。
どこの誰かは知らないけど、ちょっと振り向いて見ただけの異邦人的なジワ感。
 
 
 
広告を非表示にする