読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

12月の旅人

死はどこに潜んでいるの

大瀧詠一さんが急逝されました。

2013年12月30日 65歳

 

個人的に思い出深いのは「さらばシベリア鉄道」

ノスタルジックなサウンドにのせ、とても遠くて冷たく悲しい情景をイメージさせてくれました。

太田裕美さんが歌うとそのイメージがさらに助長されました。

 

「さらばシベリア鉄道」のこんな歌い出し

 

哀しみの裏側に何があるの

涙さえも凍りつく白い氷原

 

Q:哀しみの裏側ってなんだろう

 

A:エレファントカシマシの「悲しみの果て」

 

悲しみの果てに何があるかなんて俺は知らない

見たこともない

ただあなたの顔が浮かんで消えるだろう

 

涙の後には笑いがあるはずさ

誰かが言ってた

本当なんだろう

 

伝えておくれ
十二月の旅人よ

いつまでも待っていると

 

ご冥福をお祈りいたします。

広告を非表示にする