Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

乾坤一擲

知らない言葉だった。メモ

乾坤一擲(けんこんいってき)

(意味)運命を懸けてのるかそるかの勝負をすること。
出典:全唐詩

竜疲れ虎困じて川原に割ち
億万の蒼生、性命を存す
誰か君王に馬首を回らすを勧めて
真に一擲を成して乾坤を賭せん

一般常識だけど直ぐ忘れちゃう

唯々諾々(いいだくだく)
(意味)事の善し悪しにかかわらず、他人の言うがままに従うこと。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
(意味)復讐の心を抱き、常にそのことを思って辛苦すること

広告を非表示にする