読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

MotoGp Sepang test 2017 PURE SOUND

2017年バイクの世界選手権MotoGPのシーズン前のテストシーンより。

淡々と仕事をこなしていく感じが好きです。

最高峰のステージでもスタッフの力量にとても差があるのが、身のこなしひとつとってもわかります。


1:40あたりのスズキの、スターターを空で回しているのはオイルを回しているのでしょうか。

2:30あたりのアプリリアのベテランメカは決まってますね。ミッションのランニングも、素振りするかのようにクラッチレバーを何回か煽って、ギヤを傷めないように足先でスキを探りながら、1速ではなく変速ショックの少ない2速へそっと入れるとこなんか粋ですらありますね。

・例えば旧めのストリートバイクなんか、朝一とかにクラッチ握って1速へ入れるときに「ガッチャーン!」なんてなりますよね。あれってみっともないし、ギヤを苛めているのです。そこで朝一はまずクラッチを煽って落ち着かせて、チェンジペダルを1速に踏み込むときに、足先でギヤのスキを探りながらそっと操作する。これやばいななんて時は、足でバイク漕ぎながら1速に入れたりします。

6:10あたりのドカティのサテライトチームのメカは、動きが少し新人っぽいですが、1速に入れるときはリアホイルを手で回してからシフト操作していますね。

ヤマハチームの暖機でリアブレーキをぎゅーっと手で何回か強く操作していたのは何なんでしょう。システムリセットか何かでしょうか。

 

youtu.be

 

この週末で開幕です。

 

 

広告を非表示にする