読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

Ev'ry Time We Say Goodbye

恥ずかしながら、この曲は知らなかった。
ずいぶんと人生を損した気分。
 
昔の人のラブソングは恐ろしいほど研ぎ澄まされている。
日本で喩えるなら、明治から大正の巨匠の文学作品のよう。平易でシンプルなコンテキストに、永遠の宇宙のような無限の世界が広がる。
 
まいった
 
 
Every time we say goodbye

I die a little
Every time we say goodbye
I wonder why a little
Why the gods above me
Who must be in the know
Think so little of me
They allow you to go

When you're near
There's such an air
Of spring about it
I can hear a lark somewhere
Begin to sing about it
There's no love song finer
But how strange the change
From major to minor
Every time we say goodbye

There's no love song finer
But how strange the change
From major to minor
Every time we say goodbye

広告を非表示にする