読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

富士山、浜名湖、ひとりぼっち 21世紀も17歳

浜名湖畔のランニングコースは、冬の空気が澄み切った時には富士山が見える。

 

2017年始動。

元旦は最高の天気。朝のクリアな視界のうちにと、ランニングを第一優先していたのだけど、もたもたしていたら走り出しはお昼になってしまった。

午後からは空気が霞んでくるから富士山は無理かな、と思っていた。

 

でも半島をクリアしたら

見えたぞ!

f:id:pooteen:20170104150518p:plain

半島の先の白いフェンスのところで、スマートフォンを最大ズームにして撮っているとどこからかオヤジが現れ話しかけてきた。ひと言モノ申しそうな風貌をしている。

こちらから挨拶をしたら、返礼は略させてもらう、そんな風に話がはじまった。

これがまた富士山語りおじさんで、この辺りは知る人ぞ知るポイントなんだぞと。

 

あんたは運がいい、朝はぼやけて見えなかったんだ。俺は磐田(ここより30KMぐらい富士山に近い)なんだけど、意外と見えないんだ。

 

浜名湖大橋(R1浜名バイパス浜名湖と太平洋遠州灘を繋ぐ水路《今切口》にかかる大橋)から見える富士もいいですね、と僕がいうと。

 

うむ、今切から船で浜名湖に入っていくとな、雄大な富士がのしかかるように迫って来るんだ。あれは幻想的だぞ。

f:id:pooteen:20170104150547p:plain

 

冬は水もきれい。

f:id:pooteen:20170104150607p:plain

 

完璧な空

f:id:pooteen:20170104150630p:plain

 

ビーチや港のこんな仕草は好き。しゃんと背筋が伸びたようなロープワークがたまらない。

f:id:pooteen:20170104150657p:plain

 

次の半島をクリアすると

f:id:pooteen:20170104150721p:plain

f:id:pooteen:20170104150753p:plain

 

 

f:id:pooteen:20170104150809p:plain

 

 

f:id:pooteen:20170104150830p:plain

 

 

f:id:pooteen:20170104150851p:plain

 

ショートコース10キロの折り返し地点。

f:id:pooteen:20170104150915p:plain

 

 

f:id:pooteen:20170104150938p:plain

 

翌1月2日も走った。元旦より霞んでいる。

f:id:pooteen:20170104151001p:plain

 

 

f:id:pooteen:20170104151022p:plain

 

f:id:pooteen:20170104151042p:plain

 

走り終わった後、ワインを一本空けた。そしてまどろんでみたり、うろうろしてみたりして、日が暮れるまで滞在した。

f:id:pooteen:20170104151132p:plain

 

月と金星の競演

f:id:pooteen:20170104151151p:plain

 

そんな風に2017年元旦と二日を過ごした。ひとりぼっちで井戸の中へ潜るように。それだけだし、それだけでいい。

3日から井戸の外へ出た。

午前にお参りしたら知り合いがいて挨拶した。

お宮の参道にバンのカフェがあった。絵本や小物も売っている。

ホットコーヒー400円を2杯。僕の分と娘の分。好みのビター&ダークで美味しかったけど、娘は一口飲んだだけだった。

このカフェは大みそかの23時まで、隣の市の全国から集まった的屋が並ぶ超有名稲荷で営業していたのだけど、利権がらみで追い出されて路頭に迷ったという。その後ある筋に頼んで数時間後の元旦未明からこのお宮で営業を始めたという。

カフェのオーナーはもと教師で(後で聞いて納得)、地方新聞に載ったりもしたカフェだという。普段は道の駅で営業していると。なんだか学際の模擬店みたいだった。

こういったお店は的屋との共存は難しいだろうな。

 

f:id:pooteen:20170108193638p:plain

 

午後は企画したちょっとしたイベントをしたら心が疲れた。イベント主催って立ち上げ時は張り切るんだけど、潮が引いて暗礁や露岩が現れ操船に苦労するように、だんだん面倒になっていていつも後悔するんだけど、終わってみるとやっぱりやって良かったと思う。

 

4日から普通に仕事をした。

比較的静かに順調に始まったのだけど、悪い流れに変わりかねない嫌な仕事を持ってきた人は丁重に断った。喰らいつかれた。早く帰れ、お門違いだ。

 

 

こんなコース

pooteen.hateblo.jp