Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

慟哭するザンパノ

 

f:id:pooteen:20161209140122j:plain

 

 

50歳になって会社辞めても大丈夫なんだろうか?いや大丈夫じゃないよね~ - 攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

 

仕事がつまらないからと50歳過ぎで会社を辞めるのは危険すぎる - スネップ仙人が毒吐くよ

 

同年代として身に詰まされる話だけど、結局のところは成るようにしかならないから実のところはどうでもいい。

前者の将棋マンさんは、スキルが高いがゆえに閑職を得たのか、寛大な企業で引退への花道で閑職に置かれたのか、はたまた会社が追い出そうとしているのかは分からない。

大企業や役所などきちんと機能した大きな組織(もちろん硬直した組織の短所はあるだろう)に属していると、定年というゴールテープが見えてくると、役員でもない限りは前線からは戻され、トレーナーやご意見番的な閑職に置かれ、ある意味フラフラしていればいい。

僕の出身高校の同級生は地方公務員や地方信用金庫のような、ホワイトカラーマイルドヤンキーが多い。真面目にこつこつと長年勤めあげ、うつ病や不倫に悩んでみたり子供の教育にも執心してきた。現在彼らはエクセルで計算できる死ぬまでの予算計画に余念がない。FPの出番である。僕にいわせればファッキンプランナーだけど。

並行して天下り先のリサーチに余念がない。

僕にいわせれば糞だ。

 

一方の僕はスネップさんみたいなもんだ。同列に並べてんじゃねえ、って思われるかもしれませんがご無礼をお許し願いたい。

つまり僕は一人ブラック企業つまり自営のワークショップと、掛け持ちして夜じゅう新幹線を追っかけているからまあま稼いではいるが、いかんせん不安定だ。とにかく不安定だ。自由という鎖はとにかく重たい。

トンズラやバンザイする取引先やお客さんも珍しいことではないし、退職金や休業補償は一切ないしうつ病になっている余裕もないぐらいだから、エクセルで生涯計画なんて絶対にできない。いや、できない自分の能力が低いのだし自己責任である。家を何軒か建て世界を何周かできるくらい生業に突っ込んできた顛末でもある。

泥舟で飛び出して、歓喜の大観衆に心を燃やし、鈴をぶら下げた鹿のトロフィーを狩っている間に、地元の同級生たちは時には真面目にこつこつと(時には不真面目に)働き蓄え、壮大な住宅ローンを組み、うつ病や不倫に悩んでみたり子供の教育にも執心してきたのである。

 

結局のところ本人のスキルの結果でしかない。

だから将棋マンさんが辞めようが会社にしがみつこうが、成るようにしかならない。いずれにせよ同じことの繰り返し。結果には誠実になるしかない。

能力のある者は組織に居ようと居まいと、看板やスペックの如何に関わらずうまくやっていくし、中途半端なやつはいつまでも中途半端なまま。最後は綱渡り芸人のようにザンパノに殴り殺されるか、断食芸人のように野垂れ死ぬのだ。

そしてそれは僕だ。

 

 

 

広告を非表示にする