Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

雑談的名古屋歩き

 名古屋市内国道41号空港線名古屋県営空港(空自小牧基地)方面に北上していくと、名古屋城近くの東区主税(ちから)町に国道を分断する大きな楠木が祭ってある。

東区はお城のお膝元で栄えた街で、主税、白壁などの武家屋敷、出来町なの商業地区、水に漬かりやすい清水口など、地名にその由来が残されている。

司法、行政、教育も集まり、街のそこいらに歴史の礎があるなかなか興味深い街で歩くのも楽しい。

 

時代の潮流に取り残され屹立したご神木は、ここのような歴史のある街や集落に見ることができ、都市伝説が囁かれるのが通例だ。

伐採しようとした統治者や工事業者が謎の死を遂げたなど。

日本の山間部にある落ち武者伝説のある地域などにも、残され墓地やこのようなご神木が散見され、血の匂う口承伝説が存在する。

 

f:id:pooteen:20160317181505p:plain

 画面中央の高速高架左の大きな広葉樹が伝説の楠木だ。

 

f:id:pooteen:20160317181417p:plain

 中洲に屹立する大木。

 

f:id:pooteen:20160317181600p:plain

しめ縄はデフォね。隣の名古屋城が丸焼けになった名古屋大空襲でも生き残ったご神木さん。

 

 

f:id:pooteen:20070517133153j:plain

東区白壁

ぱない。その名の通りの白壁続きの武家屋敷の名残が残っている。ベンツやレクサスはこの地区では下っ端の乗る車だ。高級住宅街でもありお嬢様女子高や、愛知県トップクラスの公立校などの教育地区でもある。

東に向かうと商業地区の出来町、中山道の拠点大曾根、徳川園など。さらに名古屋ドーム、エリート大学など。糞大学は郊外。

娘の出身高校もある。公立なのに超ボンボン高校で医者、弁護士、謎の金持ち、トヨタ系エリート家庭など、ママ友軍団ちょーうざかった。

 

そんなわけで名古屋紹介。

東京や大阪とはまた違った趣がある。東京は大きすぎるし、大阪は外国だから、名古屋は身の丈に合っている感じで好き。名古屋語は嫌いだけど。

 

 

ちなみに糞田舎町から天下の徳川家康さまの岡崎市を出し抜いて、愛知県で第二の都市となった急成長中の豊田市は何の趣もなし。世界のトヨタさまのおかげさまの公共投資がぱない。満州国の新京市に似た都市景観だ。ケインズ市と呼びたい。

広告を非表示にする