Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

我勝てり

まったくオチも笑いもない私事なのですが。

 

この間弁護士と電話口で口論になった。

ある決め事について認識している内容が異なり、「言った言わない」の小学生みたいな口喧嘩になった。

3か月くらい前に電話で、つまり口頭で取り決めたこと。

その時は「口頭で(弁護士ともあろうものが)決めていいのですか??」と念を押した。でも、それでいいというから、それならばということにした。

 

で、この始末だ。

頭にきて言った。

「だいたい口頭で決めるからこうなるんですよ!記録は残していないのですか??」

記録は残していないという。そして恫喝まがいの口調と、帰納法的な理屈で論理立ててくる。こうしなければならないから、こういう仮定を踏むべきで、こういう取り決めをしたはずだ、と。

ちょっと持論に自信がなくなったが、たしか間違いなくメモをした覚えはあるから、それを根拠に反論する。

こちらに記録があるというカードと、恫喝まがいな言い方をしたことに、ハッと我に返ったのか急に相手が折れてきた。

「言った言わないでは答えがでないので、それでいいでしょう」

(なにが、いいでしょうだ、ヴォケ)

「いやいやいや、それでは僕がゴネ得したみたいじゃないですか」

 

以後失念

 

そして今日

別の探し物をしていたら、そのメモ書きが見つかった。失くさないようにキッチリ仕舞ってあったので、案の定存在を忘れていた。

殴り書きだけど、筋道立てて書いてある。こっちの勝ちだ。

 

ざまーみろ

 

広告を非表示にする