読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

タイム誌は「今年の人」に、ドイツのメルケル首相を選んだ。

www.asahi.com

 

f:id:pooteen:20151210152201j:plain

 

TIME誌に描かれたメルケル首相の絵に引きつけられた。

メルケル首相そのものなのか、それとも画家のフィルターを通した姿なのか、地中海を遠くに見るような青い眼は深い慈愛のような力を感じる。

欧州の債務問題、そして 大きな問題となっているシリア難民の受け入れに英断を下したメルケル首相。

2010年8月のショッキングなTIME誌の表紙を思い出した。

アフガニスタンの少女で、タリバンにより耳と鼻が切り落とされている。

※閲覧ご注意ください。

彼女は16のときに強制的に結婚させられ、嫁ぎ先の夫家族からひどい虐待を受け続けた。彼女だけでなく、アフガニスタンでは珍しいことではないようだ。

苦しみ抜いた彼女は2年後の18のときに逃げ出した。

しかし捕まり、おそらく世界でも類を見ない不条理なタリバンの裁判にかけられた。女性の人権はなく、夫以外の男と目を合わせるだけでも不貞行為で罪になるという。そして逃げ出した彼女は、夫とその家族の名誉を傷つけたとして極刑となり、夫に鼻と耳を削ぎ落とされ山に捨てられた。

The Taliban pounded on the door just before midnight, demanding that Aisha, 18, be punished for running away from her husband's house. They dragged her to a mountain clearing near her village in the southern Afghan province of Uruzgan, ignoring her protests that her in-laws had been abusive, that she had no choice but to escape. Shivering in the cold air and blinded by the flashlights trained on her by her husband's family, she faced her spouse and accuser. Her in-laws treated her like a slave, Aisha pleaded. They beat her. If she hadn't run away, she would have died. Her judge, a local Taliban commander, was unmoved. Later, he would tell Aisha's uncle that she had to be made an example of lest other girls in the village try to do the same thing. The commander gave his verdict, and men moved in to deliver the punishment. Aisha's brother-in-law held her down while her husband pulled out a knife. First he sliced off her ears. Then he started on her nose. Aisha passed out from the pain but awoke soon after, choking on her own blood. The men had left her on the mountainside to die.

 

 

content.time.com

その後彼女はこのタイム誌も契機となり、アフガニスタンの女性の人権問題を問う世論の後押しで、整形手術をうけ顔を取り戻すことができた。だが他にも同様に苦しみ続ける女性たちがまだまだ多いという。