Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

心のたび 木津 笠置

 
f:id:pooteen:20151110213738j:image
YAMAHA TZ250 1991モデル
レース専用マシン。いうなれば冒険の扉のようなもの。扉を開けるのは自分自身。究極の非日常を味わうことができる。
 
このマシンを奈良県生駒市まで引き取りに行ってきた。
豊橋鈴鹿-生駒 このルートは原則的に下道で行くことにしている。
 
豊橋鈴鹿は幾度となく通った道で、昔は高速のアクセスが悪くほとんど下道で通っていた。いまでは年に1回か2回。鈴鹿へのルートはいろんなことを思い出す。18の時のようなワクワクする気持ちはないけど心は震える。
R23名四国道で四日市からR1にそれ亀山からR25名阪国道なのだが、いつも考え事をしていて、そのままR23で四日市を通り過ぎ鈴鹿市に入り、津市に入ったところで思い出す。
おれはそっちに行くのではない。
案の定今回も通り過ぎて津に入ったとこから、名阪国道の関ICを目指す。遠回りになったがなかなか興味深いルートで、味わい深かった。次も使おう。多分忘れてるけど。
R25名阪国道をしばらく進む。国内旅行全盛期つまりモータリゼーションのに乗っかった巨大ドライブインがポイント毎にある。昭和の箱物文化はさすがに淘汰されつつあり、強大な廃墟となったことがある。実は何回も通ったルートだが一度も寄ったことがない。アベレージを稼ぐ区間だじ景色もつまんないから一気に通りすぎるだけ。
 
伊賀上野市手前から北にR163が派生してくる。それが伊賀上野京都府木津市を経由して生駒へ入る。このR163というのが旧街道筋で、地勢、景色が変化に富みなかなか情緒溢れるルートで、狭くてカーブの多いルートだが飽きさせず走っていて楽しい。
 
R25名阪国道からR163へはどこで合流するかいつも悩む。殺伐とした名阪国道は嫌いなので早めにR163へ合流したいところだが、伊賀上野手前で合流すると市街地で渋滞することもありアベレージが落ちすぎる。
今回はここ。R163へは一番アクセスがよい。
伊賀上野城に惹かれながらいつもスルー。今度こそ寄ろうと思うのだが。
 
本来は伊賀上野の先の名阪国道の大内インターでR163へ出るのが一番効率が良い。そこまでアベレージを稼げるし市街地もクリアできる。名阪国道からR163のミニストップのとこまでは距離はあるけど、時間的にはかなり早い。
 
R163は山をいくつか越えた後に木津川沿いの風光明媚な通りになる。沈下橋が2本と、絡みながら走るローカル線の独特な高架駅や、旧くて凝った意匠のトラス橋が何本かあり、じわじわくる。
 
でも今回はブルーだった。
 
また後日続き書く 
 
 

f:id:pooteen:20151106053246j:image

f:id:pooteen:20151106053314j:image
 
f:id:pooteen:20151106053329j:image
 
f:id:pooteen:20151106053347j:image
 
f:id:pooteen:20151106053416j:image
f:id:pooteen:20151106053525j:image
f:id:pooteen:20151106053433j:image
f:id:pooteen:20151106053512j:image
f:id:pooteen:20151106053556j:image
f:id:pooteen:20151106053612j:image
f:id:pooteen:20151106053625j:image
 
f:id:pooteen:20151106053640p:image
 
f:id:pooteen:20151110213719j:image
 

 
広告を非表示にする