読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

辻斬りはバーの中で

 

f:id:pooteen:20150912014443j:image

 
f:id:pooteen:20150912014459j:image
 
f:id:pooteen:20150912014332j:image
高級テキーラは悪魔のよう繊細でやさしかった。
 
 
 
そして真のバーテンのいるお店に。
居合い抜きのような時間が流れた。
 
f:id:pooteen:20150912014335j:image
一本13万のウイスキー。 
スクリューキャップを握ったバーテンの手が何回か空を切った。バーテンは逡巡した。でも俺は開けるだろう、そんな顔をしていた。
 
ワンショット28ml 20杯分。開けるということは何を意味するか。
 
野暮なことは言うまい。
プライズショット要員としてスタンバイするのも立派な目的だ。
 
開けた瞬間に空気の質が変わったのが分かった。神聖なる儀式の始まりだ。
 
僕はずっと水のことを考えていた。
台湾の高級ウイスキーもあった。
 
ブライトンは硬水だ。石鹸の泡が立ちにくい。
メキシコはどんな水なんだろう。
 
 
広告を非表示にする