読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

安らかに寝落ちする夜もある

f:id:pooteen:20150810230325j:image

 
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」
 
慰霊碑の石碑前面には刻まれている。
これについては解釈を巡ってずいぷんと論争されている。
 
 
つまり主語がなく責任説明を果たしていない。そんな論調の批評を前提に、それぞれが持論を展開している。
 
いま僕はこう思う。
みんな間違えている。誰かが間違えているのではなくみんな間違えている。でも正しいと信じてやった。それだけ。
 
答えは永遠に出ることはないけど、大切なのは考え続けること。議論すること。
 
村上春樹さんの「風の歌を聴け」の冒頭にこう記してある。
 
完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。
 
ひょっとしたら、碑は完璧な文章で完璧な絶望から歴史を経た今、完璧に役目を果たしているのかもしれない。
 
 
四国を太平洋沿いに走ったことがある。
今でも最終日本本土防衛戦、つまり水際の緊張感の名残りがあちこちに残っていた。
 
マイナーというかローカルな慰霊碑は日本中にある。碑には対象のヒストリーやリストか綴ってある。
 
それに向きあい手を合わせ思う。
 
安らかに眠ってください。想いは無駄にしません。
 
 
 
 
 
広告を非表示にする