読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

番犬の苦悩 映画 「アメリカン スナイパー」

映画

 

 

映画「アメリカン スナイパー」をレイトショーで観てきました。

スナイパーとして一番最悪の選択を迫られるシーンから始まります。

とにかく重たい。

しかも最悪なことにすべて真実。

「永遠のゼロ」でも感じた邦画、そして日本人の描く戦争の姿は、どこか思想的な逃げや甘えがあるのをあらためて痛感しました。

世界の番犬としてのアメリカ。
そして劇中で主人公のクリス カイルの父親はクリス兄弟にこう言います。

「羊である弟を守るために番犬であれ。強い男になれ。」

伝説のスナイパーと呼ばれた男。

「Hey!fucking Regend!」

彼の伝説はあまりにあまねきたために、時にはそんな呼ばれ方をします。

この映画ではそんな「番犬の苦悩」を描いていきます。

そしてそれはアメリカの苦悩でもあります。

星条旗に永遠を誓う映画でもないし、ラブ&ピースを唄う映画でもありません。

僕が常々思うのは、強く正しく生きるということは自己矛盾との葛藤なのです。

「いかに生きるか」

それを真に問われる映画です。

観客を暗い井戸に突き落とすようなエンディングと、無音の真っ黒な背景にテロップだけが流れ続ける長いエンドロールで映画は終わります。

無言の観客はしばらく立ち上がれませんでした。

丸投げで申し訳ないのですが、このレビューは的を射ていると思います。

 

映画「アメリカン・スナイパー」~英雄の心的外傷(PTSD)物語

ブログ -ネイビーブルーに恋をして- より


 http://blog.goo.ne.jp/raffaell0/e/88f136038e140aff6b58453f14ccd947