読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

深夜の決闘「吉野家編」

日常 グルメ

「ひとりすき焼き」を具体化した吉野家の功績はすごいと思う。その他の一連のひとり鍋シリーズも含めて。

深夜の吉野家で、魂の補給をするように、粛々とひとり鍋を食べる男たち。
すき屋とは違うのだよ」
そんなセリフが似合いそうな男達。

先日のやはり深夜の吉野家で、大声で威丈高な夫婦が入ってきた。店員にも横柄な態度。
「大盛と卵。あと漬物な。大至急」
その後夫婦で延々と身内の陰口を叩いている。

「何が大至急だタコ」心の中で呪いの言葉を吐いた。

そして店内の男たちのひとり鍋の神聖な時を乱したのが伝わってきた。

うるさい客に限ってハズレを掴む鉄則がある。案の定店員がミス。漬物を忘れた。
「おい!漬物って言っただろ!」
さらに店内の空気に緊張が走る。男たちの目が鈍い光を帯びてきた。

チンピラ夫婦の会計。
「値上がりするんだってな!もう二度と来ねえよ!」

ひとり鍋の神聖な時を汚したことによる罪は深い。
幸いにも誰も事を起こさなかったが、ひとり鍋の男たちの連帯感を感じられたのには救われた。

 

昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家
そしたら途中から横柄な夫婦が入ってきて、見苦しいことこの上ないんですよ。
で「大盛りと玉子な。あと漬物。大至急」とか鬼軍曹みたいにオーダーしてやがるんですよ。

もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、店員を愚弄するような事をしたら、オーダー飛ばしか、スジだらけの肉盛りでサイレントリベンジされんだよ。店員をリスペクトできないよう糞が吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
案の定漬物スルーされやがった。
なにが「おい!漬物って言っただろ。」だ。終いにゃ「値上がりするんだってな!もう二度と来ねえよ!」って吠えてやがる。
願ったりだよ糞ビッチ。この時は吉野家レギュラーの心がひとつになったね。

でね、なんか女連れとかもいるし。カップルで吉野家か。おめでてーな。
「わたし全部食べれなーい」ぶってんじゃねーよ。 もう見てらんない。
お前らな、すき屋の無料券円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。 すき屋とは違うのだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が「アタマの大盛り」とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな「アタマの大盛り」なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が「アタマの大盛り」だ。
お前は本当に「アタマの大盛り」を食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい
お前「アタマの大盛り」って言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり「大盛大皿」これだね。
オオモリオオザラ。これが通の頼み方。
大皿ってのは牛皿の大盛り。これ最強。「アタマの大盛り」が新メニューになって一回頼んだけど、あれは甘え。
でもこれを頼むと次から「特盛り」にすら戻れないという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は「アタマの大盛り」でも食ってなさいってこった。

吉野家コピペ
http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/2754/2ch/buki-7.htm

 

広告を非表示にする