読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

40年の不在

少年

40年ぶりに幼少期を過ごした岐阜の街を訪れた。

鵜飼で有名な大河を基軸とする街。

40年の間にどれくらいの水が流れたのだろう。

ずいぶんと街は変わっていた。

足の赴くままに彷徨いながら、その頃のテリトリーに近づいていった。 

地図はいらない。その頃のセンサーがまだ体の中に残っていた。

街外れの山の沢から広がる扇状地のエリアがそのテリトリーだ。

足されたものは多いが引かれたものも少なかった。

つまり当時の面影をそのまま残していた。

ただ小さく狭く見えただけだった。

 

f:id:pooteen:20140523103843j:plain

側溝のすき間にバス代を落としたバス停。

 

 

f:id:pooteen:20140523104008j:plain

この先で車道は尽き沢沿いの登山道になる。

 

ここが出発点

 

pooteen.hateblo.jp

 

 世界の始まりのようなもんだ。

 

 

広告を非表示にする