Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

コロンボの隠された意図

 往年の傑作テレビドラマ「刑事コロンボ」でのあるエンディング。
 
 一件落着し車に乗りこんだコロンボは、紙袋に入ったスピリッツをグイッとラッパ飲みした後、おもむろにエンジンをかけ走り出した。グッと遠くを見据える目で。
「おいおいそれはあかんやろ。オッサン警察やで」
昔の話とはいえ思わず画面につっこんだんだけどひょっとしたら

・スピリッツ(魂)を飲み
 拘泥の念を振り払い心を入れ直し
・遠くを見据え走りだす
 正義を慧眼しながら未来へ

そんな暗喩だったのかな。でも飲酒運転はあかんで。

「忘れるために飲むのだ」星の王子さまに語るバカボンパパ

※「別れのワイン」ですね。
http://columbo.fact-web.com/article/36232350.html

広告を非表示にする