Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

夜の彷徨

少年の頃、真夜中に目が覚め、全てが眠ったかのような静寂のなかに覚醒し時計が時を刻む音に支配される。そんな時遠くから 貨物列車の通過音が微かに届いてくる。

そんな取り返しのつかないあの頃の空っぽさが心に刻まれてる。

真夜中の心の彷徨いは純粋で儚い。今でも変わらない。

広告を非表示にする