Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

想いは繰り返す

 auユーザーとして実に悩んでいる。今使っている機種はなんとcdma1規格で小中山携帯とネタ扱い。終わりの日は近い。ウワサどおりiPhone4Sのauリリース。石器時代から21世紀へワープするかのような期待感。でも個人的にはマストでない。あのグラフィック系の機能も魅力。悩ましい。

 なんか耳がムズムズする。

 またきたこの感覚。___茂木健一郎さん @kenichiromogi「魔法使いはもういない。ありがとう、スティーヴ・ジョブズhttp://togetter.com/li/196733

 この既視感のような感覚。昨晩ちょうど同年のお客さんと話をしていた。そろそろ着地点を見定めなければみたいな話の中です。魔法使いじゃないんだからさ、大体魔法で物事がうまくいった験しがあるかい?みたいな話。魔法に絡めて茂木さんとは全然違う話なんですけどね。

 それで茂木さんの朝連を読んで既視感、デジャブのような感覚。時折りそのような感覚に包まれる。今朝は「魔法使い」茂木さんの凄いところでもあるんだけど、誰しも抱えているような想いとか記憶を、平易な文章だがキーとなる言葉は割りと意味深で難解な単語を用い文章を構築していく。

 茂木さんに気付かされた想いや記憶の引き出しが開けられ、キーとなる言葉が引き出しの適切なタイトルとなる。だから茂木さんの文章というフィルターで、記憶やら想いが再構築され、それがデジャブのような感覚となってくる。毎回感心してしまう。

 だから今朝は「魔法使い」というキーワードだけだったが、思い直してみると僕は魔法という言葉は良く使うほうだから、それがたまたま今朝ヒットしただけの話。だが茂木マジックにまたしてもひっかかってしまったのだ。参った。

広告を非表示にする