Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

統計とサンプリング

 茂木健一郎さんの話http://togetter.com/li/191474
 
 そもそも、統計には限界がある。「5年後に生存している確率が30%」と言ったって、自分が実際に5年後に生きているかどうかは0%か100%のどちらかだ。それでも統計的真理を追うのはある程度は仕方がない。問題は、サンプリングをちゃんとやること。

 第二次大戦当時、第8空軍の戦略爆撃機の乗員は25回の出撃を終えると、任務を終えて帰国することが許された。平均の損失率は一回当たり4%。これは総数で計算されているから毎回100機出撃で25回で2500機(損失は補充される)。つまり25回の出撃で100機は損失する訳だから、人並みの運だとまず生き残れない。

 爆撃に使用されたB17の損失は約4,800機。生産の12,700機のうち30%以上が失われた事実がある。

広告を非表示にする