Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

a-ha Take on me

http://www.youtube.com/watch?v=djV11Xbc914&feature=player_embedded
 
 この曲とpvは独特な空気感がいいですね。
 pvの映像でのモノクロのスケッチ風アニメーションが、スピード感を強調し、また鏡の中のような世界を描いています。

 鏡は時として存在しない世界を映し出し、現実では見えないものを映し出したり、異次元への扉ともなるといいます。鏡を見ると自分の姿や背景が写り、鏡に映った世界は全てが反対向きになっています。そしてその鏡の後ろには、そこに映っている空間など存在しないのです。

 pvの制作者は、歌詞の中で「ここには1日か2日しかいられない」とあるのを、アニメの中の危険な生き方をしている男との、儚くて叶わぬ恋として映像化したのでしょうか?一方、主人公に襲い掛かる悪党のゼッケンナンバーは③と⑬。含みのありそうなPVだけに、この数字にも何かトリックがあるのではと思ってしまいます。
 
 CGが普及していないころの映像の方が味がありますね。

広告を非表示にする