読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

『トロッコ』 芥川龍之介

三人は又トロッコへ乗った。車は海を右にしながら、雑木の枝の下を走って行った。しかし良平はさっきのように、面白い気もちにはなれなかった。「もう帰ってくれれば好いい」――彼はそうも念じて見た。が、行く所まで行きつかなければ、トロッコも彼等も帰れ…