読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

『百年の孤独』

長い月日が流れて銃殺隊の前に立つはめになったとき、おそらく大佐は、父親のお供で始めて氷というものを見た、あの遠い日の午後を思い出したに違いない。 「百年の孤独」 ガルシア マルケス 1982年にノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家、ガルシア マ…