読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toujours beaucoup

いつまでもたくさん

映画『ウインディ Windy Story』1984 

バイクの世界選手権シリーズは、1980年代の前半までは140万円のヤマハの市販レーシングマシンを購入して、プライベーター(個人参戦)でタイトルを獲れるチャンスがありました。 ファミリー単位での参戦も珍しくなく、プライベートライダーはキャンパーを引…

よるくまは泣かない おすすめ記事

当ブログはカテゴリー 少年が基軸となっており、時事ネタではなく純粋な記事としてアクセスが多かったものを、おすすめ記事としていくつかピックアップしました。 また プロフィールもご拝読いただけると、当ブログのベースが見えてくるかと思います。 過去…

慟哭するザンパノ

50歳になって会社辞めても大丈夫なんだろうか?いや大丈夫じゃないよね~ - 攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚 仕事がつまらないからと50歳過ぎで会社を辞めるのは危険すぎる - スネップ仙人が毒吐くよ 同年代として身に詰まされる話だけど、結局のところは…

日常

いつもお昼過ぎに、とても優しい目をした柴犬が僕のワークショップの前で立ち止まりこちらを見る。 やあ、調子はどうだい? 尻尾をブンブン振って「やっほー僕だよ!!!」って風ではない。 その柴犬は老婆を連れている。つまり傍から見ると柴犬が老婆の散歩…

胎内くぐりと青春の一冊

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 盛り場の外れにある公園の横に車を止めた。土曜の26時。公園の地下には駐車場があり、仕事を終えた夜の蝶たちがときおり、遣れた香りの尾を曳きながら地下へ消えていく。 02:01 冷たい空気の中からヒールの音が聞…

ゴッホのようなブロガーが好きです

捨て猫のように雨に濡れるハイヒール。主は何処へ。 ピカソのエピソードでこんなのがあります。 あるレストランでピカソが、ウェイターにちょっとコレに描いてくれと紙ナプキンを渡されました。ピカソは30秒ほどで描いて言いました。「1万ドルだ。」驚いたウ…

郷愁 料理と映画と

サイゼリヤの発祥をご存知だろうか。 1980年代、サイゼリヤ本店(1号店)は本八幡駅南側の住宅地の八百屋の二階にあって、狭い外階段を上がって入った。メニューは値段も含めて現サイゼリヤに良く似ていたけど、似て非なるものでレベルは断然高かった。とな…

小さな死 映画「モンド 海を見たことのなかった少年」

モンド ~海をみたことがなかった少年~ - Toujours beaucoup この映画との出会いはまさに邂逅だった。 娘が小学校低学年だったから、10年ぐらい前の話。テレビでちょうど深夜映画が始まった。 フランス映画のようで、退屈そうだが鮮やかな絵画のような映像に…

竜の背中に乗って 人生に影響を与えた1冊

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 はじまりは「エルマーとりゅう」でしょうか。 家族や村というささやかな世界からエルマー少年は旅立っていきます。竜の背中に乗りエルマーは世界の広さと愛するということを学びます。 竜の潜む伝説の山は大切な心の隠…

ファミレスの妖精

禁煙席のみとなりますのでお煙草をお吸いになる方は… 案内してくれた小柄なウェイトレスは、何かオーラを消しているのに気がついた。フランチャイズ系ファミレスにありがちなオーバーテンションもなく、精度の高い適切な対応で案内してくれた。 雰囲気を消し…